×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アロマランプ 電気タイプ(差し込み式)

アロマランプの中でもコンセントに直接差し込んで使うものは安全ですね。アロマランプの受け皿にお湯(または水)を入れて自分のお気に入りの、エッセンシャルオイル(精油)を1〜5滴おとして本体の電源を入れるだけで電球の熱で精油が徐々に揮発し、心地よい香りがお部屋に広がります。
2〜3種類の精油をブレンドしてもいいですね。
アロマポットよりも香りは穏やかですが、コンセントに直接差し込むタイプのアロマランプはデザインがこっているものが多く、その視覚効果とインテリア性、そしてスイッチを入れるだけという手軽さが多くの方に受けています。
アロマランプで一番うれしいのは何といっても安全な点。スイッチを入れたまま寝てしまっても問題ありません。最近は、火を使うアロマポットよりも、電気を使うアロマランプのほうが若干人気が高いですが、やはり安全なところが支持されているようです。

アロマランプ 電気タイプ(調光機能つき)

アロマランプでも便利な調光機能付きというものもあるんですよ。無段階で明るさを調節できて、お部屋のムードに合わせて明るさを変えたりできます。就寝時は暗めに使いたいというときなどにもアロマランプは最適です♪アロマランプ 電気タイプは火(キャンドル)を使わず、電球の熱でエッセンシャルオイルを揮発させるため、火事の心配もなくて、就寝時にも安心して使えるのが嬉しいですね。また、エッセンシャルオイルを使用しない時は、お部屋の照明としてもいいんですよ。アロマランプのやわらかな光がお部屋を包んでくれます。気分をリラックスしてくれるエッセンシャルオイルはラベンダーが有名ですが、ちなみに、私はローマンカモミールのりんごの香りが好きで就寝時にはよく使っています^^あとはレモンバーベナも個人的には好きな香りです。

アロマランプ ランプベルジェ

ランプベルジェのアロマランプは電気式のものとは違ってアルコールランプをイメージしてもらえればと思います。使い方はアルコールランプと同じです。アロマランプの容器の中に専用のエッセンシャルオイルを入れて芯にエッセンシャルオイルをしみこませてから火をつけて、香りが広がったら火を消して楽しみます。ランプベルジェ ( Lampe Berger )のアロマランプ・アロマオイル使用方法

『ランプベルジェ』のアロマランプはフランスの歴史ある一流ブランドらしい煌きや、安全を極めた設計など、完成度の高さが魅力です。また『ランプベルジェ』のすべてのアロマランプはフランスのデザイナーによってデザインされているそうで、とてもオシャレなものが多いです。私はエンジェルが彫刻されているリモージュ製のアロマランプがお気に入りです。

Copyright © 2007 アロマランプでアロマテラピー